ブラジルワールドカップの総括!







ワールドカップブラジル大会、日本代表のダメっぷりには失望しましたが、
全体としては驚きあり、名勝負ありの良い大会だったのではないでしょうか?


一番の衝撃は、『ブラジル vs ドイツ』 でしたが、
この試合に関して各ブックメーカーの出した声明から、
この試合の衝撃度を探ってみましょう。




■パディパワー


わずか4人が、『7-1でドイツの勝利』 に賭けて、500倍の勝利。
うち1人は5ポンドを賭けて、2500ポンドの勝利(760円賭けて38万円のリターン)




■ウィリアムヒル


1999年にオンライン営業を始めて以来はじめて、
メジャーな大会で「正しい試合結果(得点と勝利チーム)」の賭けに的中者が出なかった。


マンチェスター郊外在住の人が、「ドイツがハーフタイムに5-0とリード」に、
80ペンスを賭け、300倍を的中(240ポンド)。


ウィリアムヒル社としては過去最高のワールドカップとなり、
日本市場に関しては、過去最高の新規入金者数となりました。




以上、ブラジルワールドカップの総括?でしたが、
ここで、最近人気の市場、『プロ野球』 について少し触れておきたいと思います!




■プロ野球!


プロ野球のマーケット開催は試合の10~12時間前!


プロ野球マーケットは2014年シーズンになってから一層賭けが集まっていますが、
マーケットが開き、賭けを受け付けるのは、各試合の10~12時間ほど前からです。


ナイターでしたら、朝の6時~8時にはオープンしておりますので、
出勤時にはベットできる状態となっております。
出勤前にベットして、仕事が終わった後に、ベットした試合の観戦….
素晴らしく盛り上がるのではないでしょうか!?


なお、今では、”±1.5限定ハンデの賭け” も始まっています。




トップページへ戻る






コメントを残す